HOME > コラム > アニマルメディスンカード解説 > 15_Wolf_ウルフ

コラム:アニマルメディスンカード 解説

No.15 Wolf / ウルフ 教師

アニマルメディスンカード

ウルフ・・・・
道を踏み分け教え導く私の「月の犬」
おまえの歌と遠吠えは「知る」道を教える

(著)デイビッド カーソン、ジェイミー サムズ メディスンカードより

正位置

ウルフは道を見つける者だ。
まず斥候として先に行き、新しいアイデアを部族に持ち帰り、そのメディスンを分け合う。
狼は一生同じ相手と連れ添う。
そして犬と同様に忠実である。
狼は個人主義の傾向と群への帰属感をあわせ持つ。
この点で狼は人間と似ている。
私たちは個人としての夢や思想を持ちながら社会の一員として生活する。

狼は感覚器官が非常に鋭い。
そして月は狼のパワーの援軍だ。
月はサイキックなエネルギーの象徴であり、知識と知恵の秘密を握る「無意識」の象徴でもある。

ウルフが内で息づき始めると、あなたは各人それぞれにユニークな才能と人生の道があることを本人たちに知らせたくなる。
この事実を知れば人類全体の意識レベルが向上する。
「内なる教師に出会うため、人気のない場所を探せ」とウルフが言う。
パワーの場所にひとりきりでいる時、本当の自分が見えるだろう。
どこにいようと、そこに「教え」があるのに気づこう。
ウルフは偉大な教師だ。

逆位置

逆さのウルフは
「今、あなたは狭い視野でしか状況を把握していない。視野を拡大せよ」と告げる。

逆さのウルフはまた、「自分の物の見方を主張することを恐れ、前へ進もうとしないから絶えず変化すべき人生の流れが停滞している」というメッセージの場合もある。

生きることは成長することだ。成長とはあらゆる生命の形を教師として受け入れることだ。
ウルフになって冒険しよう。